ヨーロッパに行ってきた:準備から出発まで

去年の10月にヨーロッパに旅行に行った。8泊10日、欧州は初めての旅だった。

準備

塩野七生の作品が好きなので、ローマとヴェネツィアには行きたい、と決めていた。旅行会社に行っていろいろ見ていたが、ツアーは忙しすぎるし好きなところに行けなさそうだったので、飛行機・ホテルと若干のオプションパックだけとってもらって、基本的には全て自由旅行として準備することにした。現地の情報・空港の乗り換えやすさなど相談しながらチケット取れたので、多少の手数料払ってでも価値はあったと思う。
出発前2ヶ月くらいは、海の都の物語とローマ人の物語をできるところまで再読していた。ともに文庫本は持っていて、ポケットに入れやすいようにと配慮されたサイズなのだが、電子書籍の便利さにはかなわずぽちぽち書い続けてしまった。

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)

海の都の物語〈1〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) (新潮文庫)

ちょっと寒くなってくる時期ということで服装は結構悩む時期。衣類圧縮袋でとにかく圧縮して詰め込んだ。あと一応日本食ということでみそ汁を持っていったが、結局1杯も飲まずに持って帰ることとなるのだった。

出発

羽田からいい時間で便が取れたので、ゆったり空港に向かえた。出発前に味噌ラーメン、結構うまい。出発前に免税店で買い物という文化を初めて知った。荷物に多少余裕があったので手持ちで入った。

飛行機はルフトハンザですごく快適。機内コンテンツにはあまり好みのものがなかったので、CNNのニュースを見ていた。

機内食がなかなかうまい。両方和食にした。ワインとビールがもらえて幸せ。


太陽とともに西に向かっているためずっと明るいのだけど、眠いのでちょっと寝た。現地に到着するのが夜なので、あまり寝すぎないように気をつけつつ。
気が向いたら続きを書く。